ゼットボディーローション(濃縮タイプ)20リットル
型番 ASA-1008
定価 21,780円(税1,980円)
販売価格 16,280円(税1,480円)
購入数
内容量

オプションの価格詳細はコチラ


ゼットボディーローション(濃縮タイプ)は、最も人気がある水性タイプの、業務用ローションです

--------------------------------------------------------------------------------
ゼットボディーローション(濃縮タイプ)は今日最も人気があり、多用されている、水性タイプのローションです。
人気の理由は、まず取り扱いがラクなのと、水を主成分とするのでよほど肌が敏感な人でなければ体への影響が少ない点です。
この、ローションの成分は水とグリセリンです。
これらは後片づけが楽な上、ベトつきもありません。
ただ、水などが主成分なので使っているうちに乾いてきます。
もし使用中に乾いてしまったら、だ液や水を使えば、また効き目がでてきます。
色が付いていないタイプの、このローションならベットシーツや服などを汚すこともありません。
油や石油からできている、ローションと異なりコンドーム、手袋、おもちゃなど、ゴムが使用されている製品にも使用出来ます。(油性ですと、ゴムが腐食し壊れてしまいます。)
このタイプの、ローションは商品によって濃度が薄いものから(一般のセックスに十分)濃いものまであります。
濃度調整も、水を加えるだけで薄めることができ、比較的ラクに取り扱えます。
主成分が水などで出来ているので、他の、ローションに比べて体の中に入ってもあまり害はありません。

--------------------------------------------------------------------------------

ゼットボディローション(濃縮タイプ)の薄め方

--------------------------------------------------------------------------------

1.ローションを桶などの容器に移し、熱湯を入れる。
2.工業用のドリル(ホームセンター等で売っています)などで、一気にかき混ぜる。
3.手でかき混ぜても、ある程度は混ざりますが、なかなか均一に混ざらないため、お勧めできません。(衛生的にもおすすめできません!)
お好みの濃度になるまで工程1・2を繰り返し、ローション用の空容器などに移し変えてご使用下さい。

--------------------------------------------------------------------------------

ローションはどのくらい薄めればいいの?どんな効果があるの?

--------------------------------------------------------------------------------
販売されている、ローションの大半は「原液」と称して売られていますが、原液であるかどうかの基準がありませんので当てにはなりません。
具体的な尺度となるのは「粘性」でしょう。
とりあえず身の回りで購入できる、ローションを入手して、自分の好みに合った希釈の度合いを見つけるのが一番です。
また、それぞれの種類やブランド間で個体差はあまりありません(微妙な差はありますが)ので、特にお勧めの、ローションというのもないと思います。
ただ、フレーバーの好き嫌いや保湿成分、温感成分などの有無は重要ですので、購入時に必ず確認するようにしましょう。
大まかな種類については後述しますので、参考にしてください。
ローションの場合、粘性、潤滑の持続時間と希釈の度合いには相関関係があります。
一般に、薄めれば薄めるほど粘性や持続時間はなくなっていきます。
粘性については早い段階で急激に薄れ始め(原液から5〜6倍に薄めたくらいから)ますが、潤滑性についてはかなり薄めても効果は保持されます(15倍くらいに薄めても潤滑性は保持されるようです)。
重要なのは潤滑性の持続時間で、これも薄めれば薄めるほど時間は短くなっていきます。
また、薄めていくとある段階で粘性よりも潤滑性が勝ります。
どのくらいでこのような状態になるかは、ローションの種類によってことなりますが、大体5〜10倍あたりがその境目であると思われます。
対して、薄めれば薄めるほど水(お湯)で洗い落としやすくなり、さらに乾きにくくなりベタベタになりにくいというメリットがあります。
原液に近い状態で使用すると、水分が蒸発してすぐにベタベタになり、不快感が生じます。
これは薄めることである程度回避することが可能な他保湿成分が入ることでかなり改善されるようです。
また、水分が蒸発する際に体温を奪う効果もあるようです。
おそらく汗をかいたあとに汗が引くと寒くなる現象と同様のプロセスだと思われます。
これもお湯を使って薄めに希釈することである程度改善されます。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける